本文



メインメニュー
かごしまエコファンド
  
KCM 配信サイト
KCM公式Facebookページ
KCMフェイスブックページへの「いいね!」をありがとうございます
投稿者 : comcom 投稿日時: 10月23日
TOP

第1回鹿児島カーボンマネジメント協議会総会
                            10月23日(日曜日)
総会進行表

1・故 阿多 寛氏を偲んで追悼 黙祷            

2・総会 会長あいさつ                   小牟田 啓

3・協議会運営説明と決議議案説明・採決・先決処理について
 ※これまでの運営について・・・協議会までの流れ・事務局会議・なぜ会費が必要に
なったか?・収支報告
 ※決議内容・・・会費・・・採択可否
 ※決議内容・・・組織・・・採択可否
 ※決議内容・・・会長任期・・・採択可否  

 ・休憩

4・今後の協議会活動方針
 目的の必然性・活動方針・分担化(ボランティア活動とビジネス活動)
※8本の柱・・・・省エネ推進活動(松村氏・田中氏・小牟田)
       緑化推進活動(中満副会長・木之下氏)
       森林育成活動(川畑巧氏・久保矢氏)
       審査コンサルタント(橋口氏・山内氏・大城さん)
       排出権取引・CO2削減計画(小牟田・橋口氏・大城さん)
       教育エコ活動(都築さん・丸山さん・飯干さん・奥村さん・大城さん)
       新エネルギー普及活動(田中氏・小牟田・松村氏)
       グリーンICT推進活動(大城さん・山路さん)

   ☆氏名は提案です!企画書(構想・企画・パンフレット)を作って欲しいのです!

 ※えひめAI普及活動(ボランティア活動)
・講習会活動・カタログ作成・指導員養成・かごしまAI商品開発(企画書作成)

 ※プロジェクトチーム(木質バイオマスボイラー)設計・販売・施工・管理
・営業実行部隊を編成します。

 ※京都の川本さんから協力の依頼があります。

ここで第一部の終了とします。お帰りは自由です。

・休憩

5・ボランティアフェスタ参加報告
   スライドショーをご覧下さい
 ※丸太切り報告(中満副会長)
 ※地球の秘密紙芝居(都築照代理事)

・休憩

6・ホームページの使い方説明(小牟田がみんなに伝えたいことがあります)
  鹿児島カーボンマネジメント協議会ホームページ構想
  鹿児島カーボンマネジメント協議会ホームページ概要
  ログインの仕方
  ブログの書き方
  カレンダーの書き込み
  お知らせの投稿
  SNSの使い方

7・歓談時間とします!(総会終了)

 


投稿者 : 0046 投稿日時: 10月18日
TOP

本日、当協議会より9名が、枕崎で行われた「畜産技術研修会」に
参加して参りました。

えひめAIの開発者曽我部先生による
「えひめAIとマイエンザの活用と地域環境保全について」の講演と、
指宿市産業振興部農政課畜産係の鍵山さんによる
「指宿市におけるLOVEいぶすきの使用状況等について」の事例発表がありました。

講演の後、実際に豚糞を使って実験しましたが、スプレーをするだけで、
すぐに、その強烈な悪臭も鼻を近づけても匂わないほどになりました。
しかも、しばらく経っても匂いはしません。驚くほどの効果でした。
その即効性と持続性にすぐれる消臭効果を体験することができました。
もちろん、効果は消臭だけではありません、農業や家庭、いろんな場面での効果があり、
しかも、環境にやさしいということが重要なポイントです。
そのメカニズムを説明してくださいました。

個人で身近な食材で簡単にしかも安価で作れるえひめAIとマイエンザ、
曽我部先生はその製法の特許を取らず公開されておられます。
現在、えひめAI、マイエンザは、自治体やボランティアグループ、団体、個人を、
中心に全国3万世帯以上で利用され、フランス、韓国を始め多くの国々へ普及が始まり、
障害者施設での販売取り組みも全国で大きな広がりをみせているようです。

曽我部先生が発明したえひめAI(1週間製法)は、12歳の少女が著した『地球の秘密』に共感し、
作者の坪田愛華ちゃんの愛から命名したAIと聞いておりましたが、
24時間製法のマイエンザは、海外への普及のために、
微生物活性酵素(Microorganism Active Pmpact Enzyme Action)の頭文字を取って、
マイエンザ(MAIENZA)とし、その名前にもしっかりとAIの文字が刻まれていることに気づかされました。

私たちは、名前にこめられた地球に対する深い愛情を大切に、えひめAIとマイエンザの普及活動に、
少しでも貢献できるようお手伝いしていきたいと考えております。


曽我部先生といっしょに記念撮影、先生の提案でみんなでいっしょに「まいえんざ~」、いい表情です(^^


投稿者 : 0046 投稿日時: 10月10日
TOP

KCMとしてボランティアフェスタ初参加を終了しました。
幾多の問題がありましたが、なんとか計画したものは完成度高く出来たと思います。

中満さん・橋口さん、「丸太切り」意外にお客様は喜んで体験してくださいましたね、お客様の表情は達成感があっていい顔してましたね!方法論より達成感が意外だったです!お疲れ様でした。

都築さん・大城さん・肘岡さん・奥村さん・木之下さん、会場の問題が心配でしたが騒音よりも、子供たちの真剣な顔が紙芝居の良さを物語っていました。紙芝居って母親の読み語りなんですね!すばらしいものを経験させていただきました。ありがとうございました。

遠方より駆けつけてくださいました、飯干さん・川畑巧さん・松崎さんありがとうございました。久しぶりに会うのに、まるで兄弟に会うような親近感でした。うれしかったですね!

展示物作成で応援くださった丸山さん・山路さん大変な作業で支援くださいましてありがたく感謝申し上げます。

まだ環境フェスタが残っていますが、これからのKCMを考えさせるイベントでした。これから、環境省地域協議会の回答もあります、「かごしまAI」の研究も課題です。

まだ、なにかを探すことが急務だと思っています。みなさんと一緒に考えていきましょう。ご支援ありがとうございました。

鹿児島カーボンマネジメント協議会会長 小牟田 啓




投稿者 : 0046 投稿日時: 10月10日
TOP

H23.10.29 (土)10:00~17:00
平成23年10月講座
『eco(エコ)検定対策講座』

環境経営や環境ビジネスに対応できる人材育成の一環として行われる講座

主催:鹿児島商工会議所 かごしま市地球温暖化対策地域協議会

場所: かごしま環境未来館

鹿児島市城西2丁目1番5号
TEL(099)806-6666

費用: 1050円
(別途テキスト2625円)

定員:50名

講師:久留 正成 氏(NPO 法人エコサポートTGAL 理事長)
川畑 義廣 氏( 〃 理事)

スケジュール:
9:45~ 受付
10:00~10:30 eco 検定の説明と試験問題傾向と対策
10:30~12:00 持続可能な社会、地球環境と環境問題
12:00~13:00 昼食・休憩
13:00~15:00 環境と経済・社会
15:00~15:15 休憩
15:15~16:50 暮らしと環境、環境との共生
16:50~17:00 質疑応答、終了

受講申込みお問い合わせ:鹿児島商工会議所(099-225-9522)まで

受験申込み:東京商工会議所(03-3989-0777)
URL:http://www.kentei.org
合格ライン:70点(100点満点)


投稿者 : 0046 投稿日時: 10月01日
TOP

平成24年度経済産業省概算要求・税制改正要望について(経済産業省)

 9月29日(木)に、経済産業省の平成24年度概算要求、税制改正意見等が公
表されました。
 今後、各省庁から財務省に提出された概算要求内容について、財務省との折衝を
経て、例年であれば年末に平成24年度の政府予算案がまとまり、年明けの国会審議
を経て、年度末までには平成24年度予算が確定するというスケジュールとなります
が、今年は震災の影響もあり、各省庁の概算要求が1ヶ月遅れている(例年は8月末
に各省庁から財務省へ提出)こともありますので、例年と比較すると全体的に多少
後ろ倒しになる可能性があります。
 資源・エネルギー庁関連予算(新エネ・省エネ関連施策)は、資料3-1,3-
2になります。
 また、資料1-1、1-2、資料2は、経済産業省としての平成24年度概算要求
の全体方針となりますので、この方針に基づいて、個別事業予算が要求されている
とご認識いただければと思います。ぶっちゃけ我々現場の役人もこういった方針に
基づいて、九州局内各原課でやるべき業務を企画・実施するということになります
ので、通常このあたりもウオッチしています。

http://www.meti.go.jp/main/yosangaisan/2012/index.html

 また、本概要資料資料に1点誤りがありますので、併せてお知らせします。
 資料3-2「資源・エネルギー関連概算要求等の概要」の6ページに、「住宅太
陽光の加速化」(=住宅太陽光補助金)の来年度要求額が127億となっています
が、実際には23年度補正予算で今後2年分をまとめて要求する予定としており、
24年度は要求する予定はございません。


投稿者 : 0046 投稿日時: 10月01日
TOP

 鹿児島県より、標記セミナーのご案内です。
 当課の赤時課長も講演しますので、是非ご参加下さい。

●日時:平成23年10月19日(水)13:15~17:00
●場所:マリンパレスかごしま
   住所:鹿児島県鹿児島市与次郎2丁目8-8
   電話:099-206-3838
●内容:
(1) 県の新エネルギー対策について 鹿児島県環境林務部地球温暖化対策課
(2) 国の新エネルギー政策について  経済産業省九州経済産業局
(3) 基調講演
   新エネルギーの有効活用と課題
   筑波大学大学院  システム情報工学研究科 リスク工学専攻 教授
                           内山 洋司 氏
(4) 事例報告
  ・太陽熱利用機器の最新動向と導入事例について
ソーラーシステム振興協会 技術部長  時岡 義雄 氏
  ・「省エネルギー体験住宅」について
鹿児島県住宅政策室 技術専門員  佐伯 正彦
  ・地域資源を活かした小型地熱発電について
霧島国際ホテル 技術顧問  大窪 三郎 氏
・BDFを通じた循環型社会の形成を目指して
南九州リサイクル事業地域協議会 山下 裕一 氏
(5) 質疑応答
●申込方法:「申込用紙」に必要事項を記載の上,御応募ください
(e-mailでの応募可)。
○詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://www.pref.kagoshima.jp/infra/energy/new/new-seminar.html


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

エコテクノ2011開催のお知らせ(西日本産業貿易コンベンション協会)

 九州最大の環境技術フェア「エコテクノ2011」のご案内です。
 今回のメルマガの1.2.のセミナー・フォーラムも、このエコテクノ2011開催
期間中に関連セミナーとして開催するものです。
 また、当課が支援している九州ソーラーネットワーク(SONEQ)の設立総会や太
陽光発電関連展示ブース「PV九州2011」も開催しますので、皆様奮ってご参加下さ
い!

 今回は、再生可能エネルギー特別措置法の成立により注目が集まっている太陽光
・風力など再生可能エネルギーや、節電・省エネ技術、また、北九州市が進めるエ
コタウンやスマートコミュニティ事業の取組み等を紹介して参ります。
 また、期間中は開催記念セミナー他、各種セミナーも開催いたします。是非、ご
来場いただきますようご案内申し上げます。

<詳細はこちらから>
http://www.eco-t.net/

開催概要
会  期:2011年10月12日(水)~14日(金) 10:00~17:00
会  場:西日本総合展示場 新館
      福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1
      (JR小倉駅新幹線口より徒歩5分)
入場料:無料(登録制)
出展社・出展内容
URL: http://www.eco-t.net/exhibitor_list/

【同時開催】
■PV九州2011
■エコ・ベンチャー・メッセ2011
■中小企業テクノフェアin九州2011

=====================================
エコテクノに関するお知らせは、下記まで

エコテクノ運営事務局
(公財)西日本産業貿易コンベンション協会 事業第二課  担当 衛藤・才藤
     TEL:093-511-6800 FAX:093-521-8845
     E-mail:info@eco-t.net


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

「カーボンフットプリント制度説明会 北九州会場」開催のお知らせ(経産省
&産業環境管理協会)

 経済産業省及び社団法人産業環境管理協会では、多くの事業者の方や製品のカー
ボンフットプリント(CFP)の支援をお考え頂いている方にCFPをより詳しく知って
いただくことを目的として、カーボンフットプリント制度説明会を開催致します。
 国の事業であるCFP制度の全体概要やCFPの基本となるライフサイクルアセ
スメント(LCA)をご紹介し、CFP制度試行事業参加企業様の事例発表・事業
者様向けの相談会を実施いたします。
 詳細は、下記ウェブページに記載しており、合わせて申込を受け付けております

是非皆様のご参加をお待ちしております。

 http://www.cfp-japan.jp/event/23CFPsystem_kitakyushu.html

■開催日時:2011年10月13日(木) 13:30~15:30
■開催場所:西日本総合展示場新館(エコテクノ2011セミナー会場)
 〒802-0001 福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1
TEL:093-511-6800 http://www.eco-t.net/access.html

■申込方法:下記ウェブページの申込みフォームよりお申し込み願います。

 http://www.cfp-japan.jp/event/23CFPsystem_kitakyushu.html
 ※外部ウェブ申込みフォームへ移動しますので、ご注意願います。

■対象
CFP算定事業者(※1)、CFP算定の支援をお考えの方(※2)
※1 CFP算定事業者:CFP算定を実施する又は検討している事業者
※2 CFP算定の支援をお考えの方:CFP算定事業者の支援をして頂く事業者又は
コンサルタントの方

■参加費:無料
■主催
 経済産業省/CFP制度試行事業事務局(社団法人産業環境管理協会)
■問い合わせ先
 カーボンフットプリント試行事業事務局
 (社団法人産業環境管理協会内)
 担当 : 南部、加治
 TEL : 03-5209-7708、mail : cfp@jemai.or.jp


★「当協会では節電対策の一環として毎週水曜日を定時退社日にしています。」
■平成23年度LCAエキスパート検定試験実施概要が公開されました。
http://www.biz.jemai.or.jp/lca-kentei/
■カーボンフットプリント(CFP)制度試行事業に参加しましょう。
http://www.cfp-japan.jp/
■製品環境情報の見える化支援ソフト「MiLCA」、ぜひ、御活用ください
http://www.milca-milca.net/


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

「バイオマス利活用の新技術及びブラント商品の開発」セミナーのご案内(北
九州産業学術推進機構)

 財団法人北九州産業学術推進機構からの標記セミナーのお知らせです。
 本セミナーでは、食品廃棄物エタノール化、微細藻類の培養・接触改質型バイオ
燃料化、好塩性植物と耐塩性メタン発酵のプロセスの骨子、動向について、化学変
換、生物処理を専門とする研究者がそれぞれの立場から講演する予定です。
 ご関心の方は是非ご参加下さい。

 期  日:平成23年10月21日(金)10:00~12:00
主  催:北九州市立大学国際環境工学部・バイオマス研究センター
 会  場:北九州学術研究都市 産学連携センター 中会議室1
     (北九州市若松区ひびきの2番1号)
参加費 :無料

<プログラム>
 ・10:00~10:40 「食品廃棄物エタノール化をはじめとするバイオマスの
           エネルギー化への取り組み」
  講師:日 亮太
     新日鉄エンジニアリング株式会社技術開発研究所
     プラント商品開発室 シニアマネジャー
  内容:生ゴミやみかんジュース残渣のエタノール化技術開発を中心に、
     新日鉄エンジニアリングが取り組むバイオマスのエネルギー化の
     可能性について紹介する。

 ・10:40~11:20 「微細藻類の培養・接触改質型バイオ燃料」
  講師:浅岡 佐知夫
     北九州市立大学国際環境工学部 教授
  内容:微細藻類が生産する油種のタイプと生産性に対応する最新の接触改質
     技術を、ナノ反応およびナノ触媒材料の観点から紹介する。

 ・11:20~12:00 「塩性植物と耐塩性メタン発酵微生物を用いた中央アジア
           塩害農地の生物学的修復」
  講師:安井 英斉
北九州市立大学国際環境工学部 教授
内容:経済発展や気候変動によって塩害が生じている中央アジア地域の農地
を修復する新技術について、好塩性植物による塩の除去ならびに
耐塩性メタン発酵微生物によるこれら植物バイオマスの処理・資源化
を紹介する。

  参加申込みはこちらから → http://fair.ksrp.or.jp/

【お問い合わせ】
 北九州市立大学国際環境工学部・バイオマス研究センター
  担当)黎(り)TEL:093-695-3286


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

九州経済産業局では関係機関と連携して、次世代層が、エネルギー問題に対する
理解を深める目的で、論題「日本は再生可能エネルギーを中心とした社会へ早急に
シフトすることが望ましい。」の是非を攻守を替えて討論する、中・高校生による
ディベートコンテストを開催します。
 なお、毎年10月は、エネルギーと環境問題を考える月間「エナコロジーマンス
」です。本月間は、エナコロジー広報推進委員会のもと、九州の国の機関、自治体
、団体、企業等が連携を図り、様々なイベントが実施されます。
 ディベートコンテストは、このオープニングイベントとして実施します。

 【エナコロジー・ディベートコンテスト2011】
 ●開催日:平成23年10月1日(土)、2日(日)
 ●開催場所:福岡工業大学C棟地下ホール(各日共通)
   住所:福岡市東区和白東3-30-1
●概要:
・九州大学東アジア環境研究機構特任教授 工藤和彦氏によるエネルギー基礎講座
・ディベートコンテスト論題「日本は再生可能エネルギーを中心とした社会へ早急
にシフトすることが望ましい。」による中高校生 の質の高い討論(予選/決勝)
・国公立コンソーシアム・福岡の各学生代表者による「今後のエネルギー選択」を
テーマにしたパネルディスカッション。

 【エナコロジーマンス】
●開催期間:平成23年10月1日(土)~31日(月)
●開催場所:九州全域
●内容:実施機関が、各々にエネルギーや環境問題をテーマとして、 エコカー
フェア、環境フェスティバル、マイバックキャンペ ーン等の展示会、講演会、
セミナー、シンポジウム等を開催。
 ○詳しくはこちら↓をご覧ください。
  http://www.kyushu.meti.go.jp/press/1109/110907_2.html


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

◆趣旨◆
我が国は、石油ショック(1970年代)、地球温暖化(1990年代以降)を契機にエネ
ルギー政策が大きく変わって来ました。
特に、3・11の東日本大震災・福島原子力発電所事故と今夏の節電は産業や家庭な
ど経済社会における今後のエネルギーのあり方を見直す歴史的な転換点となりまし
た。
このような中、政府は7月29日のエネルギー環境会議においてエネルギー源の新
たなベストミックスを発表し、8月26日には、再生可能エネルギーの導入を促進
する再生可能エネルギー特措法が成立しました。さらに、9月末には平成24年度
の概算要求が提示されます。
このような動きを踏まえ、エネルギー・資源論や地球環境に造詣が深く、地元福岡
市でエネルギーベストミックス事業を取り組んでおられる東洋大学の久留島先生を
お迎えし、「大震災後のエネルギー展望口」と題してご講演を頂きます。

◆日時◆平成23年10月7日(金)15:30~17:00

◆場所◆福岡第一合同庁舎 本館7階 第2・3会議室
         (福岡市博多区博多駅東2-11-1)

◆定員◆60名(参加無料。先着順、要事前申込)

◆主催◆九州経済産業局

◆プログラム◆
15:30-15:35 主催者挨拶、講師紹介

15:35-16:50 講演「大震災後のエネルギー展望口
          -低炭素社会・新ベストミックス・新天町-」
         東洋大学 国際地域学部 教授 久留島 守広氏

16:50-17:00 質疑応答

◆講師プロフィール◆
福岡県福岡市出身。1976年3月、京都大学大学院工学研究科(資源工学)修士
課程修了。同年4月、経済産業省入省。海外勤務、研究開発官、関東通産局資源部
長等において資源エネルギー及び環境問題等を政策面から担当。
さらに技術の面からも工業技術院、NEDOにおいて、材料・超電導、地球環境技
術等を統括し、1997年米環境庁よりオゾン層保護の研究表彰を受賞。1997
年11月のCOP3京都会合に今日まで参画。低炭素社会の実現や地球温暖化防止
の国際的な活動を行っている中心人物。九州経済同友会等での講演多数。著書には
『環境産業技術入門』(オーム社)、『最新環境負荷低減の技術とシステム』(テ
ラメカニクス社)、『国際環境共生学』(朝倉書店)など多数。

◆申込方法◆
下記URLからお申し込み下さい。

URL: http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1109/110926_1.html

◆お問い合わせ先◆
 資源エネルギー環境課 鬼丸、石丸(内線:5513)


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

 この度、北九州市で開催される「エコテクノ2011」会場内の九州経済産業局
温暖化防止ゾーンにおいて省エネ法に係る相談会を実施します。
 省エネ法に関しご質問等お持ちの方はこの機会に是非お越し下さい。
 なお、事前登録の必要はありませんので、当日、直接窓口にお越し下さい。

●日時:平成23年10月13日(木)・14日(金)
    10:00~17:00(最終日は16:00まで)
●場所:西日本総合展示場 新館(福岡県北九州市小倉北区浅野3-8-1)
●概要:1.省エネ法全般
2.判断基準、管理標準
3 .中長期計画及び定期報告書の記載
4.その他省エネに関する事項
※相談内容によっては後日回答させていただく場合があります。
○詳しくはこちら↓をご覧ください。
http://www.kyushu.meti.go.jp/event/1109/110907.html


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月30日
TOP

 資源エネルギー庁新エネルギー対策課では、9月21日に「グリーンエネルギー・
クリスマス」参加募集のお知らせについてプレス発表を行いましたので、お知らせ
します。
 これは、企業、自治体、団体等が、クリスマスシーズンに使う電気や熱を、グリ
ーンエネルギー証書を活用して、太陽光、風力などで作られるエネルギーとするも
のです。

【「グリーンエネルギー・クリスマス」参加募集のお知らせ】
http://www.meti.go.jp/press/2011/09/20110921001/20110921001.html


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月24日
TOP

今週、当協議会ホームページへのアクセスが出来ない状態に陥り、
原因究明のための調査の結果、サーバー移行をもって、
解決を図る手段を選択し、無事作業を完了することができました。
現在、通常通りアクセスできるようになりました。

ご訪問された皆様には、大変ご迷惑をお掛けいたしまして、
誠に申し訳ございませんでした。
今後、更なるホームページの充実を目指して頑張っていく所存です。
相変わりませずご愛顧のほどどうぞよろしくお願い申し上げます。

鹿児島カーボンマネジメント協議会 グリーンIT推進情報担当


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月19日
TOP

九州経済産業局エネルギー対策課よりシンポジウムの案内が届いています。
定員300名に対してすでに200名の参加申込みがあるとのことです。
開催場所は北九州市小倉ですので、お近くで興味のある方はお早めに
お申込みをされた方がよろしいかと思います。

以下、案内より---
 再生可能エネルギー特措法の成立を受け、いわゆる非住宅向け太陽光発電の急激
な市場拡大が見込まれる中で、九州では、経済産業省九州経済産業局の支援を受け
て、この分野における太陽電池の市場拡大と産業振興を推進するために「九州ソー
ラーネットワーク(通称:SONEQ(ソーネック))」が活動を開始しました。
 この度、このSONEQの設立総会を記念して、太陽光発電産業、特に非住宅向けの
比較的大規模な発電システムに関する国内外の最新動向に関する講演とともに、ソ
ーラーアイランド九州の実現に向けた可能性等について、有識者によるパネルディ
スカッションを予定しています。
 なお、参加定員300名に対して、既に200名近い参加申込みを頂いているようです
ので、参加ご希望の方は、早めの申込みをお願いします。
 多くの皆様の参加をお待ちしております。

【開催概要】
■日 時:平成23年10月14日(金) 12:30~17:00

■会 場:西日本総合展示場新館 エコテクノセミナー会場B
(北九州市小倉北区浅野3丁目8番1号)

■プログラム
12:30 開会挨拶 九州経済産業局資源エネルギー環境部長(予定)
====第1部:SONEQ設立記念セミナー====
12:40 SONEQの紹介
12:50 基調講演
「震災後の太陽電池を取り巻く環境変化と今後の市場見通し(仮題)」
 ◆講 師:(社)太陽光発電協会 幹事 杉本完蔵氏
====第2部:第3回太陽光発電シンポジウムin北九州====
14:15 リレープレゼン
「九州における大規模発電システム普及への取組」
 ◆講 師:宮崎ソーラーウェイ(株)代表取締役 前川統一郎氏
      芝浦グループホールディングス(株)代表取締役会長 新地哲己氏
      (株)キューデン・エコソル常務取締役 青木計世氏
16:00 パネルディスカッション
「大規模発電システム・九州モデル構築の可能性」
 ◆司 会:熊本大学理事・副学長(SONEQ会長) 両角光男氏
 ◆パネラー:(社)太陽光発電協会 幹事 杉本完蔵氏
       宮崎ソーラーウェイ(株)代表取締役 前川統一郎氏
       芝浦グループホールディングス(株)代表取締役会長 新地哲己氏
       (株)キューデン・エコソル常務取締役 青木計世氏

■概要及び参加申込書
http://www.eco-t.net/reserve_seminar/?form_id=11

■【本件問合せ先】
 九州ソーラーネットワーク(SONEQ)事務局
 (財)九州経済調査協会調査研究部(担当:案浦、藤井、上田)
  電話:092-721-4907

■参考:九州ソーラーネットワーク(SONEQ)ホームページ
http://www.soneq.jp/


投稿者 : 0046 投稿日時: 09月11日
TOP

 政府が2012年度から導入を目指しているカーボンマネジャー制度について、
現在、内閣府が実践するキャリアアップ戦略「カーボンマネジャー・ワーキング・グループ」が公募した「カーボンマネジャー事業主体」が7月に選定され、その選定された各事業主体が、資格に関する具体的な能力評価基準と育成プログラムの策定、それを検証するための実証事業として、人材育成が行われています。

 来年導入されるカーボンマネージャーとは、二酸化炭素(CO2)を削減するために地球温暖化対策についての専門知識やノウハウを客観的に評価できる人材を、レベル1~7までの7段階が設定されており、レベル1は省エネ法を理解している程度、最高位のレベル7では、海外でも活躍できる人材というように評価基準が示されています。

 環境系の就職を目指す社会人や学生には、このカーボンマネージャーの資格取得は重要なひとつの選択肢になってくるでしょう。KCMでは、これからのカーボンマネージャー制度の動向をしっかりキャッチし、情報の共有に努めていきたいと思います。


投稿者 : 0046 投稿日時: 08月31日
TOP

「電気事業者による再生可能エネルギー電気の調達に関する特別措置法」の条文
及び概要について(資源エネルギー庁)

 先週金曜日に国会で可決成立した「電気事業者による再生可能エネルギー電気の
調達に関する特別措置法(いわゆる再生可能エネルギーの固定価格買取制度)」の
法律の条文及び概要紙(A4縦1枚紙)が、経済産業省資源エネルギー庁の「なっと
く!再生可能エネルギー」ホームページに掲載されましたので、お知らせします。

 買取単価や期間、サーチャージの調整など詳細な制度設計はこれから開始されま
すが、まだまだ紆余曲折も予想されますので、公開可能な情報が参りましたら、ま
たご連絡いたします。


「なっとく!再生可能エネルギー」ホームページ
http://www.enecho.meti.go.jp/saiene/index.html


投稿者 : 0046 投稿日時: 08月13日
TOP

 かごしま産業支援センター主催の環境エネルギー事業化セミナーにて、
参加者を募集しております。

 長崎、熊本、宮崎、鹿児島、4県による九州広域連携事業の一環としての
環境エネルギーに関するセミナーの第1回目が、先月長崎で開催されましたが、
今回は、鹿児島にての開催となります。
かごしま県民交流センターにて、8月23日火曜日1時30分から4時30分
参加費は無料です。

 九州ソーラーネットワーク、マイクログリッド、再生可能エネルギー、
バイオマスボイラーなどをキーワードとするエネルギー分野に興味をお持ちの方は、
参考になるセミナーではないでしょうか。

 ※お申し込みと詳細につきましては、下記のURLを参照ください。
http://www.kric.or.jp/s_ikusei/ene-boshu.pdf

お問合せ先 (財)かごしま産業支援センター
    新産業育成課(担当:下津貫、岡元)
     TEL:099-219-1272  FAX:099-219-1279
     E-mail: ikusei@po.kric.or.jp


投稿者 : carbon 投稿日時: 08月11日
TOP

KCM 第2回勉強会を開催致します。
現在、准カーボンカウンセラー養成講座を受講中の受講生、省エネ、国内クレジットに興味をお持ちの方、奮って参加されますようご案内申し上げます。

主催:鹿児島カーボンマネジメント協議会

日時:平成23年8月20日土曜日 17:30 ~ 20:30 開場17:00

場所:鹿児島市ボランティアセンター4階 活動室1

前半:講演 省エネ診断
    講師 社団法人 九州電気管理技術者協会 松村茂幸 氏

後半:講演 国内クレジット「排出削減計画書の作成事例」
    講師 新和技術コンサルタント株式会社 環境部温暖化対策支援室 係長 
    橋口政信 氏

会費:500円

連絡先:info@carbon.3739.jp


投稿者 : 0046 投稿日時: 08月11日
TOP

鹿児島県行政書士会主催
九州経済産業局による講演会情報

日時:平成23年8月22日(月)15:00~17:00
場所:城山観光ホテル
演題:国の新エネルギー政策と九州ソーラーネットワークについて
講師:経済産業省九州経済産業局資源エネルギー環境部
   エネルギー対策課新エネルギー係長 田中幸仁 氏
聴講:無料
問合せ先:鹿児島県行政書士会 099-253-6500


投稿者 : 0046 投稿日時: 07月19日
TOP

エコアクション21セミナーのお知らせが届いております。

「環境への取り組みをはじめよう!エコアクション21セミナー」の御案内
【エコアクション21地域事務局かごしま(財団法人鹿児島県環境技術協会)】

 エコアクション21では、中小事業者でも取り組みやすい環境経営の仕組み(環境経営システム)のあり方を定めています。環境経営システムに取り組むと、「全員参加の取り組みが進む」、「取り組む目標が明確になって達成の意欲がわく」、「目標が達成できなかった場合も、原因を明らかにできる」、「年々継続的に改善できる」など、工場や事業所の様々な問題の改善に役立ます。
 エコアクション21の概要等について、エコアクション21審査人が分かりやすくご説明いたします。環境経営に取り組みたいとお考えの事業者の皆様、ご参加をお待ちしております。
 申込など詳しくは、以下をご覧ください。
http://www.kagoshima-env.or.jp/ea21/seminar_kagoshima.html

続きを読む | 残り503字 |

投稿者 : 0046 投稿日時: 07月15日
TOP

九州経済産業局からの情報です。

 九州経済産業局では、自治体や関係機関と協力して、九州の省エネを推進する
「九州省エネルギー推進プログラム」を展開しているところですが、この度、
各事業者が省エネ・節電に取り組む上で参考となる具体的な方策等を提供する
べく、「九州省エネキャラバンin鹿児島」を実施します。
このキャラバンは、主として小口電力需要家(※)の方々を対象に、省エネ・
節電対策の概要や省エネ事例等について説明します。また、省エネや節電に詳
しい専門家等も派遣し、個別質問コーナーの設置による事業者の方々へのきめ
細やかな対応も行います。

(※)契約電力500kW未満。オフィスビル、卸・小売店、食品スーパー、医療
   機関、ホテル・旅館、飲食店、学校等の小口需要家。

■開催日時■ 平成23年7月25日(月)13:30~ 16:00
■開催場所■ 鹿児島県庁行政庁舎2階講堂(鹿児島市鴨池新
町10番1号)
       (ご来場の際は、できるだけ公共交通機関をご利用下さい。)
■参 加 費■ 無料
■定  員■ 100名 申込締切:7月21日(木)
■主  催■ 九州経済産業局、九州地方知事会政策連合、社団法人九州経済
       連合会、財団法人省エネルギーセンター九州支部
詳細は「続きを読む」↓をクリック

続きを読む | 残り702字 |

投稿者 : carbon 投稿日時: 07月13日
TOP

平成23年度 木質バイオマス利用シンポジウム
-木質バイオマスのエネルギーへの積極的な活用を考える-

■ 日時 ■
平成23年8月19日(金)
■ 場所 ■
鹿児島サンロイヤルホテル 2F 「開聞の間」
  鹿児島市与次郎1-8-10  TEL 099(253)2020
■ 定員 ■
200名(入場無料)
  定員になり次第,締め切らせていただきます。

続きを読む | 残り679字 |

投稿者 : 0046 投稿日時: 07月12日
TOP

低炭素経営の実現のための省エネ&国内クレジット推進セミナー

いまや中小企業にとっても避けられない課題である地球温暖化問題。
企業が地球温暖化対策に取り組むことは、環境と社会に対する貢献という観点からも重要ですが、二酸化炭素などの温室効果ガスの排出を抑制する『低炭素経営』を目指すことは、“コスト削減”や”業績改善”を実現する機会でもあります。
本セミナーでは、『低炭素経営』実現のための省エネや国内クレジットの活用を支援するため、『省エネ実践』やエネルギーコスト削減・CSR対応を促進する『国内クレジット制度』をご説明します。

■開催日時
  平成23年7月29日(金) 14:00~16:00

■会 場
鹿児島県 大隅地域振興局 本庁舎別館1階 第1会議室
(鹿屋市打馬2丁目16-6)

■定 員
30名(先着順 ※下記の申込をコピーペーストしてeメールでお送りください)

プログラム、申し込み方法及び申込書など詳細は「続きを読む」にあります↓

続きを読む | 残り1002字 |

投稿者 : carbon 投稿日時: 07月11日
TOP

 今年度、長崎、熊本、宮崎、鹿児島の4県では、連携して事業を行う九州経済産業局の地域企業立地促進等事業「九州地域環境・エネルギー成長産業振興・発展対策活動事業」の採択を受け、環境エネルギーに於いて九州広域連携を掲げて事業を行っており、その一環として環境エネルギーに関するセミナーを各県(地域)で開催することといたしております。
 第1回は長崎において「資源活用型エネルギーセミナー ~未来型エネルギーを補完する地域性を生かした再生可能エネルギー~」をテーマに、基調講演、事例発表等を行います。
 参加希望につきましては、長崎県産業振興財団までお問い合わせください。

■日時■  平成23年7月21日(木) 13:30 ~ 17:30

■場所■  長崎歴史文化博物館 大ホール
      長崎市立山1丁目1番1号  TEL:095-818-8366

■内容■
  基調講演「“三菱長崎から”~火力発電の現状
         ・そして次世代高効率発電技術で世界市場に挑戦~」(仮)
      三菱重工業?原動機事業本部ボイラ統括技術部
         IGCC実証機プロジェクト室 技師長 木下 正昭 氏

  事例発表 (1)熊本県:熊本県小水力利用推進協議会
         「小水力発電が地域を救う」
         (2)宮崎県:南国興産株式会社
         鶏ふん発電ボイラー~資源循環型農畜産業の実践~(仮)
         (3)鹿児島県:富士エネルギー(株)
         真空管ソーラーシステム「Fuji ヒートP・SOLAR 」(仮)
         (4)長崎県:(株)中央環境
         「農林バイオマス3号」~ガス化、触媒反応でバイオ燃料、
         生産施設が稼働へ~(仮)

■問合せ先■
  財団法人 長崎県産業振興財団
  研究開発プロジェクト推進グループ
  TEL:0957-52-1138 FAX:0957-52-1140

詳細は、こちら↓
http://www.joho-nagasaki.or.jp/info/zaidan/seminar/20110721/

当日は、当協議会から会員が参加いたします。


« 1 2 (3) 4 »



協議会概要お知らせお問合せプライバシーポリシー