本文



メインメニュー
かごしまエコファンド
  
KCM 配信サイト
KCM公式Facebookページ
KCMフェイスブックページへの「いいね!」をありがとうございます

環境情報詳細

記事詳細
11月29日の報道記事より。

パリのルーブル美術館の外観のライトアップ用に、
東芝のLED照明が採用されたそうです。

現地時間の12月6日午後6時45分から点灯が始まり、
魅力の1つである黄色みがかったライトアップを踏襲しながら、
消費電力は従来より73%減らしたとのこと。

東芝のLED照明は、ルーブル美術館敷地内の
ナポレオン広場(コルベール)の一部、ピラミッド、
ピラミディオンの3か所で建築物を照らし、
6日は350台が点灯。
2013年までに計3200台まで照明を増やすそうです。
(出展:讀賣新聞)
発行日時
2011-11-30 23:22
見出し
ルーブル美術館に東芝のLED照明が採用された記事について
リンクURL
https://ameblo.jp/carbon-academy/entry-11094105931.html ルーブル美術館に東芝のLED照明が採用された記事についてへの外部リンク



協議会概要お知らせお問合せプライバシーポリシー